MOMO'S SHOP

  • 大型犬用お洋服販売
    Momoshop_2
    お待たせいたしました。
    新ショップで一部の商品のご購入が可能となっています。
    随時、追加していきますので、また、ぜひご利用くださいね。

いろいろ

  • モモはいくつ?
  • カウンタ
    累計: 検索エンジン登録 
    本日: SEO対策 
    昨日: メール配信   アクセスアップ

chakiの本棚

メール

Powered by Six Apart

« おもちゃばこ | メイン | モンタン日記(はいぱー&しんわざ) »

2008年11月 1日 (土)

父のこと

こんばんは、モモの飼い主chaki(モン母)です。

01_2 

モモのじぃじ(chakiの父)が亡くなって3年が経ちます。

今日はその思い出をすこし。

モモにはあんまり関係ありませんが、

無理やり写真をくっつけておきますので、

よろしければ、さっと眺めていってくださいね。

Photo

2ヶ月の入院を経て、父が旅立ったのは2005年11月4日。

その翌々日の11月6日は歌手の本田美奈子.さんの命日です。

若くして亡くなった彼女の歌がずっとテレビから流れていました。

わたしにとって「アメイジング・グレイス」は

いまも父への鎮魂歌(レクイエム)です。

03

さて、たまにですが、わたしは忙しくなると、帰宅後も仕事をします。

母の用意してくれた夕食を食べて後片付けをし、

お弁当の準備が終わるのは、どんなに急いでも夜9:30か10:00。

それから眠気覚ましにコーヒーを入れて、自分の部屋に上がります。

04

父はわたしがコーヒーの用意をしていると、決まって部屋から出てきて

コーヒーか、ええな、わたしももらおうかな

と言いだすのです。

ふだんはコーヒーなんか呑まへんくせに、

なんでこんなときばっかり!

気が急いてるわたしは

いま煎れたとこやのに、もう

つっけんどんに言い、父の分のコーヒーを煎れると、

口も利かず、ぷいっと2階に駆けあがりました。

05

そう、寂しかったんでしょう。娘と話をしたかったんでしょう。

わかってはいても、気持ちの余裕がありませんでした。

言ってはいけない本音を言うと、

「お父さんはええよね、なんにもしんと昼間寝てられるんやから。

こっちは一日働いて、これからまだ仕事すんねん。

こんな時間に好きでコーヒー煎れてるんちゃうねん

それが日常でした。とくに思い出すこともありませんでした。

06

けれど、父が亡くなって1ヵ月、12月の初旬、

お風呂に入っているとき、

なぜか突然そのことが蘇り、涙があふれました。

どうして、もっと優しくできなかったんだろう。

どうして、たとえ5分でも腰を下ろして、話をしなかったんだろう。

主治医の先生に「あと2週間か1ヵ月か」と時間を切られるまで、

どうして、ほんのすこしの思いやりをもてなかったんだろう。

このときの涙が、本当の意味での父との訣別だったのかな、と思います。

07

父の死に際して、涙を流すのはそれが二度目でした。

一度目はお山(火葬場)に父を送りにいったときのこと。

2ヵ月の入院、お通夜、お葬式……

はじめてのことで、お経を聞きながら、

わたしの頭のなかは、ほかのことでいっぱいでした。、

「通夜振る舞いは?」

「お葬式の段取りは?」

「お山には誰に行ってもらう? 車は?」

とても父の死を悼むどころではありません。

けれど、親戚知人に支えられて、

なんとか家から送り出すことができました。

12

そして、お山で最後のお別れをしたとき、

泣いて詫びました。

本当なら父の気持ちを第一に考えるべきなのに、

入院中から葬儀が終わるまで、それができなかったことを。

いくら「ごめんなさい」と詫びても、もう父には届かなかったけれど。

葬儀の翌日、甥(chaki姉の息子)が手伝いに来て、

言ってくれました。

おばちゃんは一生懸命じいちゃんの看病してたと思うのに、

それでもあんなに悔いが残るんやな

09

言葉にできない悔いは、まだこの胸にあるけれど、

甥の言葉が父からの赦しに聞こえました。

だれかて自分がいちばん大事なんやから

100%はできひんで当たり前や」――と。

優しかった父は、すべてわかった上で、

「ありがとう」とほほ笑んでくれてるのだろう、と。

10

この季節になると、必ずよみがえる二つの思い出です。

自分の気持ちの整理のために書かせていただきました。

父については、もう一つ強烈で忘れられない思い出があります。

いつかはそのことも書き残しておきたいと思っています。

モモに会いにきてくださった方には申し訳ありません。

いつもご来訪、ありがとうございます。

Photo_2

     Amazing Grace を聞きながら 11/1

Ranking_4

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351013/16918988

父のことを参照しているブログ:

コメント

☆B2おっちゃんさん
 そうだったのですね。
 一緒に暮らして、いい思い出も苦い思い出もたくさん残していってくれたことに感謝しないといけませんね。
 おばあさま100歳ですか。
 素晴らしいですね。でも介護なさる方は本当に大変でしょう。
 そうそう、その気になったときに、親孝行しましょー!

 なぜか哀愁犬モモなんですよ、こうして同情引くんです、この犬coldsweats01

☆アースママさん
 本田美奈子。さん、舞台(コンサート)行ったんだ!
 本当にこれからというときに、さぞ無念だったでしょう。
 父との思い出が絡んで、私にとっても特別な人です。
 そう、きっとそばにいるだけでいいんだよ。
 こうしなきゃ、ああしなきゃ、と思っても、
 実際にはできなこと、いっぱいありますよね。
 でも、だからって(あんまり)自分を責めなくていいんじゃないかな?って思います。
 父もなにより家族の負担になることを怖れてましたから。
 私も父のときの反省を生かして、ばぁばに優しくしようと思うけど、
 なかなかできな~いsweat01

☆ココママさん
 今日はキレイなお花をありがとうございました。
 いつもいつも父のことを思い出してくれて、
 本当にうれしく思っています。
 一緒に遊んだ思い出、いっぱいありますね。
 元気で(意地悪だった)頃の父を覚えていてくれる数少ない友人です。
 そうそう、試合では「人のいないところ」に打つんだったよね(笑)。
 私はいつも「なんで人の待ってるとこに打つんや?」
 って怒られてました。
 がんばってきてくださいね!

☆インディママさん
 本当にそれぞれの方がそれぞれの思いで家族と接しておられるのですね……
 お母さま、1ヶ月は辛かったですね。
 私も父が亡くなったとき、2ヵ月そばにいさせてくれてありがとう、とそれは本当に心から思いました。
 ただそばにいただけで、なにもできないのは同じだったのですけれど。
 お父さまにはお父さまのお考えがあるでしょうけれど、
 いつか一緒に暮らせるといいですね。
 4ワンズさんたちも大歓迎では? 

☆ぽろんぱぱさん
 いつも丁寧に読んでくださって、ありがとうございます。
 家族といっても様々な関わりがありますし、
 一口にどういうあり方がいい、とは言えませんよね。
 でも、まだご両親もお若いでしょうし、
 詳しい事情もわからず他人が口出しすべきことじゃないけれど、
 「いつか後悔するかも」という気持ちがあるなら、
 その気持ち、大切にしてくださいね。

☆さりぃ・ふれあ・ちっぽのははさん
 ご訪問、ありがとうございます。
 書いてくださったこと、本当に本当によくわかります。
 それぞれの事情はちがっても、
 親の死に際して抱く気持ちはみなさん同じなんだ、と
 とても気持ちが軽くなりました。
 親孝行は生きてるうちに、とわかっていても、
 結局できませんでした。
 でも、苦い思い出も一緒に暮らしていればこそだと、
 わたしもいまはそのことに感謝しています。
 
 いつもはもっとおちゃらけたブログですので、
 ぜひまた遊びにいらしてくださいねheart04

☆アンドレのパパさん
 薄暗い居間に一人ポツンと残されて、
 コーヒーをすすっていた父の姿を思い出すたび、
 胸がきゅっと痛くなります。
 ささいなことだけれど、
 なんでコーヒー一杯、気持ちよく煎れてあげられなかったのかと、
 悔やんで悔やんで……
 でも、パパさんの言ってくださるように、
 父にはそのわずかの接点でもよかったのでしょうか。
 だとしたら、気持ちは救われますね。
 うちの両親もいつも言ってたことですが、
 子どもが元気で幸せに暮らしてることが
 なによりの親孝行なのでしょうね。
 きっと特別なことはなにもいらないんだろうなって思いますよ。

 今日のブログで「ハイパーモモ」を紹介しましたから、
 また覗きにきてくださいねー!

☆エルの母さんさん
 そうだったんですね。
 もし寂しくつらいことを思いださせてしまったのなら
 ごめんなさい。
 日々の生活に追われて、いつもいつもは無理だけど、
 ときどき思い出して懐かしむと
 忘れていたいろいろな気持ちが蘇ってきますよね。

 モモはすぐに黄昏れて、道行く人の同情をかおうとするんですよ。
 まるで飼い主がかまってないみたいですよねえ(笑)?
 
  

chakiさんのお父様は入院して2か月で逝かれたんですね。私の母は1か月で逝ってしまいました・・・。私も何もしてあげられませんでした。今は父が兄夫婦と住んではいますが、ひとリボッチの様な状態なので、一緒に住もうと誘ってますが、なかなか腰を上げてくれません・・・。母に何もしてあげられなかった分父には何かをしてあげたいんですけど・・・。

この時期になると私もお父さんのこと思い出します

テニスの師匠だもんね

技術のみならず  精神も・・・ (根性悪いスポーツだと~)

そしていろいろなかたとお父さんを通して知り合いになれました

これは財産ですね

今日お花買ってきました  また後で持参しますね

明日は大好きな?試合です

お父さんの教えを守り・・・でも相手が1枚も2枚も上だから

たぶんカモネギでしょうね

お父さんの事思い出す季節なんですね。
本田美奈子。さん、なくなる前年12月にステージ観ました。一年後にはこの世にいないなんて、想像も出来なかったです。
ウチは両親が健在ですが、いつまでもこのままではないとたま(!?)に思います。何かあってからできることも大切ですが、今できること、心がけておく事をchakiさんに教えていただいたように感じます。
ありがとうございます。

モンタン、そばにいてくれるだけでいいよね~
モンタンと同じように「そばにいてね」と家族は思ってるんだよ。

おいらのおとんはおいらが1歳の時死んでるんで記憶がありません。
おとんは早死にした分?ババアは長生きで3月に100歳超えました。
寝たきりのババアの介護する母親にもうチビット親孝行でもしてやることにします。
モンちや~ん、背中に哀愁漂ってるど~。

chakiさん、私の父は33年前に亡くなったんですよね。
今じゃ、声も忘れてしまいました。

今日モモちゃんのブログを見て、久しぶりに父を思い出しました。
ありがとうございます。

モモちゃん、黄昏いる姿が絵になってるよ~。

自分も娘を持つ父として、お父様の気持ちはよくわかります。
娘ってやはり父親にとっては特別な存在なのです。
うまく言えないけど、お父様はつっけんどんに煎れてもらったコーヒーでも喜んで飲んでたはずですよ。
うちの両親もいまのところ病気もせず元気でいてくれてますから今のうちにできる事してあげなきゃいけませんね・・・。

黄昏るモンちゃんもなかなかいいな。
次回はハイパーモンちゃんが見たいな(笑)

お久しぶりです~
父親との間って 本当 生きている間って 微妙ですよね
もう 八年前になりますが 私も 父を亡くしました
8月 後半でした 実家まで 1時間半 もうすぐ新学期
介護をしながら 子供の事を考えて どうしようと
付き添いながら考えてしまい 自分自身をすごくいやになってしまった想い出があります

でも 精一杯介護はしたつもりです(もう 何も出来ませんでしたが)
そして 
世話をする時間を あたえてもらった事に感謝をしています

自分勝手な事を 書いてしまいました

しっかり自分が 生きて行く事が いちばん親孝行ですね 

モモちゃんによろしく
 

そうですか、お父上とはそんな思い出があったのですね。
誰かて自分がいちばん大事、まさにその通りだと思います。
だけどそこからどれだけ他人にその気持ちを分けられるかが、
その人の優しさになるんでしょうね。

うちは父も母も存命ですが、
正直ほとんど絶縁状態に近くて、遣り取りがありません。
やはりいつか後悔する時って、来るのかな。
そんなことを思いました。

しっかりモンタンにも会えたし、今日の記事も良かったですよ~。

コメントを投稿