MOMO'S SHOP

  • 大型犬用お洋服販売
    Momoshop_2
    お待たせいたしました。
    新ショップで一部の商品のご購入が可能となっています。
    随時、追加していきますので、また、ぜひご利用くださいね。

いろいろ

  • モモはいくつ?
  • カウンタ
    累計: 検索エンジン登録 
    本日: SEO対策 
    昨日: メール配信   アクセスアップ

chakiの本棚

メール

Powered by Six Apart

« 本日お休み(※なし) | メイン | モンタン、がんばりました! »

2010年1月 5日 (火)

映画「アバター」(※なし)

1月4日、J・キャメロン監督の「アバター」を見にいきました。

その感想をば、自分のために残しておきますね

(ネタばれ含む)。

2時間42分の超大作、たっぷり楽しんできました。

 

閉鎖空間が苦手なわたくし、あまり映画は行きません。

なおかつ、ハリウッド的派手派手映画は

ちょいと好みから外れます。

が……

やっぱりお正月はこれくらいお金のかかった、

見応えのある映画がいいhappy01と実感したのでした。

 

『ロード・オブ・ザ・リングス(指輪物語)』をはじめて見たとき、

映像の世界ではもう不可能はないのだな、

と感じたことを思い出します。

狭窄な私自身の常識からは考えられない

CG技術や特殊メイクに陶然と見とれた3時間弱でした。

人間の基準から言えば異形の異星人を

愛らしく、格好よく、魅力的に描いた造形美は

すごいというより、むしろ不思議でした。

この異星人の王女が街を歩いていたら、

だれもが逃げだすだろうに、

どうしてこんなに愛らしいんだろう、と。

 

役者で言うなら、女性パイロットに痺れます。

登場シーンから最後まで

一貫して無茶苦茶に格好良かったです。

ヒロインもこの女性パイロットも

ハスキーな声がとてもいい。

これから見ようと思っている方は

吹き替えではなく字幕でご覧になることを

お勧めします

(吹き替えは見てないので「絶対」ではありませんが)。

 

で、ですねhappy01

映像美については徹頭徹尾追求されていて、

圧倒されたまま映画は終わるわけですが

ふり返って思うに、あれ? ストーリーは?

 

オープニングから中盤までは行け行けドンドンで

見ていたものの、中盤以降

「このままじゃなにも解決しないんじゃないか」

という危惧をいだきはじめ、

そして、そのとおり、

なにも問題は解決しないまま終わってしまったのでしたcoldsweats01

 

ついさっきまで同僚だった人間を

戦闘機からぽいぽい投げ捨てて、

それでいいのか、主人公。

 

海兵隊の傷病兵とか

せっかくの主人公の設定、

前半こそ活きてたものの、

後半、うっちゃりすぎじゃないのか。

 

結局、力で勝った側が正義でいいのか、

MR.キャメロン。

あなたの国の○バマ氏は○ーベル平和賞を

受賞したんじゃなかったのか。

 

もっと違う、今後に続く解決法があったのではないか、

とそれだけが残念なのでありました……

 

あとね、わからない人にはごめんなさい。

エムブリオMが大活躍していてhappy01

この辺り、もっと見たいなあ、

続編でもなんでもいいから、

また登場しないかなあ、と思ったのでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/351013/22828995

映画「アバター」(※なし)を参照しているブログ: